2013年05月08日

山の水族館のイトウ 【YouTube動画】


山の水族館のイトウ




イトウは、サケ科の淡水魚で、日本では最大規模の淡水魚になります。

体長は1〜1.5メートルで、1937年(昭和12年)には、十勝川で、
2.1mのイトウが捕獲されたという記録があります。

かつては岩手県でも生息していたが、
現在では北海道の一部、樺太、南千島にのみ生息しています。




山の水族館の近くの宿泊施設
 ↓

温根湯ホテル四季平安の館


「山の水族館チケット付」の宿泊プランもあります
 ↓

温根湯温泉 大江本家




posted by 山の水族館の淡水魚が見たい at 10:23| イトウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。